笑顔のために(審美)
美食のために(補綴)
健康のために(予防)
ケース・スタディ
歯磨き講座
無料カウンセリング
医院案内(写真紹介)
個人情報保護
このページでは、お口の中の2大トラブル(虫歯、歯周病)の実態と原因を知っていただき、
歯磨きの大切さとその方法をご説明いたします。セルフケアの参考に ご活用ください。
(もっと極めたい方には、歯磨き練習&フッ素塗布プログラムも用意しております。ご相談ください。)
虫歯は どうしてできるのでしょう?
進行した虫歯(C2) 虫歯の主な原因菌(ミュータンス菌)
虫歯は、ばい菌が歯に入り込んだものです。
原因は、歯の表面に住み付いたばい菌(ミュータンス菌等)です。
ばい菌は歯の表面に付着し、巣(歯垢)を作り酸を出し歯を溶かし侵入します。悪循環により進行し症状が出る頃には重症になっていることが多く、早期発見確実な治療と予防が大切です。
歯周病とは どんな病気でしょう?
歯周病は、歯を支える骨が破壊される病気です。
原因は、歯肉の溝に溜まったばい菌 と 不適切な咬み合わせの2つです。
どちらか1つでも歯周病を引き起こしますので、注意が必要です。
困ったことに、初期には自覚症状がほとんどありません。悪化すると歯肉が腫れ、歯が揺れてきます。周りの歯も同程度に進行している場合が多く、虫歯同様、症状が出る前の予防が大切です。
セルフケア
歯磨きの秘訣 と ブラシの当て方
虫歯と歯周病にならないために、一番有効なのは毎日の歯磨きです。
また、大切なのは回数ではなく、どれだけ完璧に磨けているかです。
歯垢が出来上がるのに24時間必要といわれているので、1日に最低1回は磨き残しのないいように完璧に磨けばOKということになります。
しかし、完璧に磨くのは大変時間が掛かります。お風呂でもテレビを見ながらでも、就寝までの間に5分以上歯磨きすることをお薦めします。
これができれば、朝、昼は適当に磨いてもセルフケアはOKです!

1.奥歯は、3方向から磨きます。

2.前歯は、2方向から磨きます。

3.最後に一番奥歯の後ろを1方向磨き終了。

完璧に磨ければ お口のばい菌数は1/10に減ります。
「夜に321」と がんばってください。